浦安ヒストリー history1...

思い出

history1
1.東海大学附属高等学校の渋谷時代
附属浦安高等学校の前身である附属高等学校の移転事情

昭和53年度は、本校が渋谷から浦安に移転して初めての卒業生を送り出した次年度、つまり1サイクルを終って再出発をするという意味で、非常に大事な年であった。 この1年間を振り返ってみようとするわけだが、「年鑑」への執筆は今回が初めてでもあるので、渋谷からの移転の事情や移転直後の様子までさかのぼって話を進めていきたいと思う。

昭和30年、東海大学は諸般の事情で発祥の地清水市三保から渋谷区富ヶ谷の地に移転し、「東海大学附属高等学校」を併設することになった。

ここに本校の歴史が始まるわけだけだが、実際に生徒募集が行なわれたのは翌301年度からで、50名の新入生が入学したのは昭和301年4月であった。
1956年代々木校舎全景
1956年代々木校舎全景
中央は1号館。
手前右の建物の場所に付属高校が建つ
東海大学附属高等学校創立のいきさつについては、「千鳥」12号(創立20周年記念特集号)に詳しく述べてあるのでそれを読んでほしい。

創設期、先生方や生徒達が学校建設に向って精1杯の努力を傾むけたであろうことは、創立3年目の昭和33年度の入試で競争率2・5倍になったことでも伺える。
昭和37年から1学年3クラス編成が5クラス編成となり、翌38年度の入試では、戦後の第1次ベビーブームもあって、募集定員200名に対し、応募者2230名と10・6倍の競争率になった。

ついで昭和39年から1学年のクラス編成も8クラスとなり、この約10年間に本校の教育の成果は着実に世の人々に高く評価されるようになった。

1959年付属高校校舎
1959年付属高校校舎
こうした中で、東海大学附属高等学校は常に大きな問題に悩んでいた。それは校地の狭いことであった。創立当時は、校地約3000坪の中に大学生が100名から200名、附属高校生が約200名おり、建物も1号館だけ、あるいはこの1号館と入学校舎と称する2号館があるくらいであったから、青春のエネルギーをぷっつけるのに満足な面積ではなかったにせよ校庭らしいものを有していた。しかし、大学、高校の発展にともなって、新しい校舎の建築が必要となり、3号館(附属高等学校として初めての独立校舎であった。現在望星高等学校)が昭和34年3月に、4号館が昭和35年7月に完成するに至っては、この代々木のキャンパスも校舎だけで埋ってしまったのである。

先に述べたⅩ字校舎が建築されたとき(昭和32年)すでに運動場はなくなり、体育の授業は校地の外側をマラソンしたり、また駆け足で約15分くらいのところにある渋谷区営の大山グラウンドを借用したりしながら進められた。

「青春をぶっつける運動場がほしい!」「運動場をどうにかしてやりたい!」という生徒や教職員の気持ちは、大学本部にも良く解っていた。

しかし、高級住宅街を擁するこの代々木の台では、隣接する土地を校地や運動場として買収することは不可能としか考えられなかった。本校の沿革史を見るとき、この狭い校地、運動場のない悩みを少しでも解消しようとした大学本部の努力が、切々と伝わってくる。

昭和33年3月 附属高等学校新校舎完成(現附属望星高等学校校舎)
昭和33年5月 相模原グラウンド完成(現附属相模高等学校)
昭和4年4月 附属高等学校新校舎完成(代々木校舎5号館)
昭和44年6月 伊勢原グラウンド完成(現東海大学病院)

浦安に移転するまでの約20年間に、新校舎に移転すること2回また運動場を2ヶ所に持ったことになっている。2回の新校舎への移転は、校地の狭さによるものではあったが、その都度教育施設や設備は数段と充実していった。しかし、運動場については2ヶ所とも日常の体育の授業やクラブ活動で使用できる所ではなかった。

昭和40年4月に完成した新校舎は、代々木のキャンパスに隣接する土地に、建築された。地下2階、地上3階建て、すぐ増築されて普通教室20余、各実験室、図書室、柔剣道場などができた。後に教室や生徒ホールと称する談話室もできた。こうして着々と教育環境が整えられはしたものの、運動場や校庭らしいものを持つことはできなかった。
浦安に移る前の付属高校(現望星高校)
浦安に移る前の付属高校(現望星高校)

体育の授業は、校舎の屋上か大学キャンパスの狭い中庭、そして柔剣道場で行なった。種目も制限され、バレー、バスケットはコンクリートの上での授業。マット運動は剣道場。鉄棒やなわとびなど。

今考えれば思い切り運動ができた、といえる環境ではなかったが、その中で体育の先生方は必死に授業の工夫をされた。

この春卒業する3年生達が、体育館前やグラウンドでなわとびしているのを見て、当時のことをなつかしく思い出した。このなわとびの進度表には渋谷時代の工夫が生きている。

このような平常の体育を少しでも改善しようと昭和50年から夏期教室が始った。当時湘南校舎は、校舎群の建築で広大なキャンパスに槌音が響いていたが、現在のようにうっそうと茂った樹木は見られなかった。まさに東海砂漠。しかも炎天下の7月末。バレー、ラグビー、ソフトボール、水泳など、広いグラウンドやプールで思う存分体を鍛え、建学の精神を体得しようと努めた。

また、伊勢原のグランドが完成してからは学期1回、2、3クラスずつ朝からバスを連ねて伊勢原グランドまで出かけ、数時間の体育の授業を行なって学校へ帰って来るということも試みられた。

しかし、これには大変な時間のロスと費用を要し、長続きはしなかった。
創立以来、運動会、体育祭を専用のグラウンドで実施できるようになったのは、昭和44年の伊勢原グランドでの体育祭からであった。

昭和35年から相模原のグラウンドで運動会が開催されたのであるが、当初からこの地には大学の教養部があり、さらに昭和38年からは附属相模高等学校の校地になってしまった。伊勢原のグラウンドも専用とは言え、準備や生徒の集合に時間がかかるために、昭和47年まで使用し、その後は学校の近くの代々木公園内にある織田フィールドを借用することになった。したがって、いつの年の運動会、体育祭もぶっつけ本番を余儀なくされた。当日雨が降れば中止。先生方も生徒達と1緒になって雨雲をにらみつけ涙をこえたものであった。

さて、運動部の活動も大変であった。野球部、ラグビー部(後にはアメリカンフットボール部)などは、練習場確保のために連日練習試合を組もうと必死で相手校をさがした。相手校が見つからなければ、満足に走ることもできない猫の額ほどの校内で、体をぶつけながら練習した。

バレー部員やバスケット部員はコンクリート上での練習で、いつも膝や肘にすり傷を負っていた。
渋谷時代の校舎は、現在の体育館の中にちょうど2棟入る勘定になる。この小さな校舎内に、多いときは約1200名の生徒が在籍していた。

大学当局の教育環境の改善努力とは別に、こうした校内での努力もなされながら、外に向っては常時移転の候補地が求められていた。多摩川の河川敷、多摩ニュータウンなど数えあげれば切りがない。
浦安ヒストリーのトップページに戻る


このページの先頭へ