内木文英 語録 vol.1

思い出

vol.1
Vol.1 かつて、この地は海であった


入学式・開校式にあたって、一言だけ申しあげておきたい。新入生はもちろん今まで中学生であったわけだから、これから新しい高校生になるわけであります。そして学校も又、新しい高等学校がきょうこの地に開校するわけです。校舎も新しい、先生方も新しい。今度新しく先生になった方もおりますし、ほかで先生をやってこられた方もおりますけれども、新しい学校をはじめようとするわけであります。すべてが新しいわけであります。新しいということはどういうことであるのか、考えてみなければいけないと思います。

かつて、といいますか、そんなに遠い昔でない前に、この地は海であった。かつて、この我々がこうして立っているこの地は海であった。現在それが、こうして、きちんと陸地になって、そこで我々は開校式と入学式をむかえています。海であったものが陸地に変化したということであります。これはひとつの変化であります。かつて海であったこの地に、建物ができ、新しい学校が生まれた。今までになかったことがそこに生まれた。これは変化であります。新しいということは変化であるといえます。(中略)

この浦安の地の埋立てに参加したたくさんの人たち、何千人か何万人か何十万人か、延にすると何百万になるかもしれませんが、その人たちがずいぶん長い年月をかけて、土を運んでこの陸地を作りあげた。今まで海であった所に陸地を創りあげた。これは価値ある変化であろうと思うのです。そこには人間の力の結集があったということです。

高等学校がここに建ちました。たいへん立派な校舎であります。立派な高等学校に、これから我々が創っていかなければならないわけですが、校舎はすばらしいものです。

三月の半ばすぎでしたか、ここで落成式が行われまして、私はその時にも非常に感動したのでありますが、この校舎を造った人たちの心が、そこにこもっているような、そんな感じがしました。校舎のことはおれたちにまかせておけ、教育はあなたたちにまかせる、しっかりたのみます、そういう気持ちがひしひしと伝わってくるような、そういう感動におそわれたのです。その落成式の日にです。

きょうここで入学式・開校式を開いて、そこに坐って総長のお話をうかがいながら、この陸地を創った何千人何万人の人たちが、この地に立派な町ができるであろう、そして学校もできるであろう、立派な学校ができればいいなあ、と思いながら働いていたのではないか、その人たちも、価値ある変化をのぞんでいたであろう、そう考えていたわけであります。(後略)
(前、東海大学付属浦安高等学校校長)
(同校開校式入学式告辞 昭和50年4月18日) 


内木文英語録のトップページに戻る


このページの先頭へ