同窓会会則

同窓会紹介

第1章  総則
第1条 本会は東海大学附属高等学校同窓会と称し、事務局を東海大学附属浦安高等学校内に置く。
第2条 本会は会員相互の親睦向上を計り、各自の社会的活動の向上、社会に貢献することを目的とし、併せて母校の限りなき発展に寄与する。
第2章  会員
第3条 本会は東海大学附属高等学校卒業生を以て組織し、これを正会員とする。又修了生その他卒業生に準ずる会員を準会員とする。
第4条 東海大学総長を名誉会長とし、母校歴代校長、歴代会長を顧問、母校現教員及び旧教職員を特別会員とする。
第5条 本会に特別功労のあった者は名誉会員として推薦する。
第3章  役員
第6条

本会には次の役員を置く。
会長:1名、副会長:若干名、代議員会議長:1名、代議員会副議長:若干名、会計:2名、事務局:若干名、監査:2名、書記及び委員:若干名。

第7条 役員の会務は次の通りとする。
・会長 会を代表し、会の業務を総括する。
・副会長 会長を補佐し、会長に事故ある時は会長を代行する。
・代議員会議長 代議員会の業務を統括し、運営する。
・代議員会副議長 代議員会議長を補佐し、議長に事故ある時は議長を代行する。
・会計 会計事務及び会計報告の作成
・事務局長 事務的業務を担当する。
・監査 会計監査を行う。
・書記 書記業務を担当する。
・委員 役員会によって定められた職務を行う。
第8条 役員は代議員会の推薦に基づいて総会で承認する。
第9条
イ. 役員の任期は3年とし任期中に役員に欠員あるときは会長の責任において補允する。
ロ. 委員の選出補允については役員会にて決定することができる。
第4章  事業
第10条 本会は第2条の目的を達成するために次のような事業を行う。
1. 役員会の決定により総会を開催する。重要事項あるときは臨時総会を開くことがある。
2. 母校との連絡は会長がこれに当る。
3. 名簿を原則として年1回発行し、連絡をはかる。
第5章 会計
第11条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。
第12条 本会の運営は終身会費、寄附金その他の収人によりこれを賄う。
第13条 終身会費は10,000円とする。
第14条 納入した終身会費、その他は一切返却しない。
第6章 附則
第15条 本会則は総合の決議により改正することが出来る。
第16条 代議員会の運常については別に定める。

本会則は昭和34年4月1日より実施する。
昭和56年11月14日改訂
平成8年7月15日改訂
平成27年6月26日改訂
代議員会の運営について
1.役員 議長:1名
副議長:若干名
書記:1名(同窓会役員兼務)
会計:1名(同窓会役員兼務)
2.活動
ア) 年1回代議員会を開くこと。
イ) 年1回クラス会を開こと。
ウ) 会員の住所変更をつかんでおくこと。
3.性格
ア) 総会に次ぐ議決機関とする。
イ) 緊急を要する議題の場合には、総会に代って決定出来得るものとする。
4.代議員及び役員の選出l
 
ア) 代議員は各クラス会にて決定することを原則とする。
イ) 同窓会役員会で決定した日時までに代議員を決定出来ないクラスには、同窓会役員会で選出し委任する。
ウ) 代議員会議長及び副議長は、代議員会の推薦に基づき、総会で承認する。
エ) 書記及び会計は、同窓会書記及び会計が兼任する。
オ) 代議員の任期は3年とする。
5.代議員
ア) 同期生間の動勢(会合の状況等)を会長に報告する。
イ) 代議員はクラスを代表し、合議により会の運営を審議する。
ウ) 会費の徴収に協力する。

以上

このページの先頭へ